建築中の状況を知っていますか

新たに家を建てる人には必ず毎日、現場見学に行っていただきたい。

私は戸建て、マンション、施設、土木とあらゆる建築現場で働いてきました。その中で最も注目してほしいことは断トツでこれ!「作業員の素行」!

皆さんは建築物がどんな人たちに作られているか知らないですよね。作業員と言っても一つの現場に数十人~数百人と居るものです。マンションであればその規模と頑丈さからあまり気にしなくてもいいと私は思います。でも、それが夢のマイホームだったらと思うと……。

その「素行」の最たるものが「たばこ」!

1件の家があるとします。その家の下に、つまり地中にある煙草の吸殻は何本か。どれくらいだと思いますか。10や20じゃないんですよ。100や200でもありません。1000以上あります。

地中に煙草があるということは少なくとも基礎コンクリートが固まるまでの期間。灰皿なんて使いませんよ。造成からコンクリート打設まで、日に10本、煙草を吸いながら仕事する人が5人居たら、50本が20日経てば、全て地面に投げ捨てているのですから1000本は超えますよね。

「…まぁ……土の中なら……」と思いましたか?

コンクリートの中にも入っているんですよ。

 

健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣JALカード住宅リフォーム総合情報貯蓄初値予想SEOアクセスアップ相互リンク集心の童話オーディオお小遣いNET